自民・小池百合子氏が会見 都知事選への出馬を正式表明

トレンド 政治・経済
Facebook にシェア
Pocket

小池百合子氏の爆弾発言、都議会「冒頭解散」の真意は?そんなことって実際に可能なの?





自民党の小池百合子元防衛相が6日午後5時から記者会見を行い、14日に告示される
東京都知事選への出馬を正式に表明

小池氏は都知事選への出馬に際し、「都民のための都政を取り戻すことが今こそ必要」と述べた。
そのためとして3つの公約を打ち出した。

(1)都議会の“冒頭解散”
(2)五輪などで発生する恐れのある利権追及チーム
(3)舛添氏問題の再チェック

上記は都政が都民からの信頼を回復するために必要なこととしたが、

(1)の議会解散については、知事は国政における首相のような議会の解散権は持たないため、
具体的な実現への道筋は見えにくい。
地方政治においては、議会側が知事に対して不信任を突きつけたときに初めて、辞職するか、
解散するか知事が決断することになるからです。

小池氏は、参院選後の結論では政策を論じる時間がなくなるとして、
「自らの意思も含めて総合的に判断し、このたびの立候補の結論にいたった。
(推薦もなく)不本意ながらパラシュートなしでの立候補になる」と語った。

小泉純一郎元首相、小池百合子氏の出馬に「最近は女も度胸がある」

記者会見で小池百合子氏にエールを送った小泉元首相(左)と細川元首相=5日午後、東京都品川区

記者会見で小池百合子氏にエールを送った小泉元首相(左)と細川



小泉純一郎元首相は5日、都内で記者会見し、自民党の推薦を得られなくても東京都知事選に
出馬する意向を示している小池百合子元防衛相に関し、「前は『女は愛嬌、男は度胸』といったが、
最近は女も度胸がある」と強気の対応をたたえた。

ただ、小池氏への支援については「選挙には一切関わらない」と否定した。
小池氏は小泉内閣で環境相を務めた縁もあり、「やるからには精いっぱい頑張ってほしい」とエールを送った。

by産経新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)