熱中症の症状と夏風邪の症状の違い!!

ライフスタイル 美容・健康
Facebook にシェア
Pocket

間違えられやすい!?熱中症と夏風邪の違い!




熱中症

 

蒸し暑い夏がやってきます。只今、梅雨真っ最中!
夏前の梅雨時期はとても蒸し暑い、梅雨時期も蒸し暑く熱中症にかかりやすいって知ってましたか?

 

頭がボートっとしたり痛くなったり吐き気や寒気を感じることはありませんか?

 

熱中症と似た症状に「夏風邪」「気象病(気圧病とも・・・)」などがあります。

 

 

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。

 

熱中症の症状

 





 

 

熱中症・・・こんな人は要注意

子ども
高齢者
屋外で働く人
キッチンで火を使う人
スポーツをする人

 

  • めまいや顔のほてり
    めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。
    一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。
  • 体のだるさや吐き気

    体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

 

  • 汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

  • 筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

  • 体温が高い、皮ふの異常

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

  • 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。

  • 水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。

 

熱中症の予防・対策!

暑さに負けない体力づくり・・・熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。
気温が上がり始める梅雨時期から日常的に適度な運動をおこない、適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

夏風邪の症状

夏風邪の症状には頭痛、咳、くしゃみ、鼻水、発熱、痰などさまざまなものがありますが、これらの症状は体がウイルスの攻撃に対抗している防御反応です。

ウイルスで鼻や喉の粘膜の細胞が一度壊されても自らの力で修復し、自然に治ることがほとんどです。

 

熱中症や夏風邪の症状で身体に負担がかかる、「ちょっとキツイ」と思ったらすぐに病院に行き診察を受けましょう。
この程度ぐらいだったらと思い、そのまま放置すると命に危険なことになりかねません。
自力で病院に行けない場合は救急車を呼びましょう。

「低気圧」で体調不良




熱中症に似た症状として低気圧の変化により体調が変調をきたすと話題になっています。

 

 

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人は!?

「今日は頭が痛いと思ったら、やっぱり低気圧が近づいているみたい」など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人は、皆さんの周辺にもいませんか?

 

 このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれ、決して「気のせい」ではありません。
なぜ、天気が体調にも影響するのでしょうか。

 

「雨の日は頭が痛くなる」「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」「梅雨時に古傷がしくしく痛む」――。天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。長年気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、こうした症状を「天気痛」と呼びます。

 

気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。佐藤先生によると現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。

気象病を予防&改善するには

1.「耳マッサージ」内耳の血行をよくする

耳ぜんたいをつまんだり、引っ張ったり、指で耳ツボを刺激します。
耳を刺激する事で耳だけでなく頭や目もスッキリしてきます。

2.「頭のツボ」を刺激する

頭には多くのツボが集まっています。代表的なツボとして百会があります。

百会のツボを刺激するだけで次のような効果があります。

自律神経を整える
めまい
耳鳴り
頭痛
頭重感
目の疲れ
抜け毛
肌荒れ
鼻づまり
肩こり
不眠症

気象病を改善したり治療する簡単な方法として頭全体の指先で軽く叩いて刺激する。
ツボの位置を覚える必要はありません。

 

両手の10本の指先で頭全体を軽く5分~10分刺激するだけで気象病の予防・治療ができます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)