注意喚起!世界で最も危険な国 ワースト10  ここに行くと危険。旅行者にとって危険な国!

政治・経済 旅・旅行
Facebook にシェア
Pocket

命の保障ができない危険な国!命がけで旅行に行きますか?




トラベルセキュリティーリスクの高い国

 

10位 インド 女性にとって危険な国、1位はインド

女性にとって危険な国を専門家らに尋ねた調査で、インドが1位
ジャンム・カシミール州はテロが起こる危険性が非常に高いです。
マニプール、アッサム、ナガランド、トリプラ、メガラヤ各州でもテロに巻き込まれる危険性があります。
インドは、イスラム過激派アルカイダやISISの分派を含む11のテロ組織の拠点となっている。強姦多発地。

 

 

9位 チャド

 

ボコ・ハラム、IS、アルカーイダといった過激派から標的とされたおかげで、旅行者だけでなく、地元民も被害に遭っている。

またスーダンとリビアの国境を越えるのも、地雷原や国境紛争があるためにリスキー。

(スーダンの民族浄化)ダルフール紛争の結果、チャドには数十万人規模の難民が流入し、多くの国民が住む場所を失った。
CIAは30万以上のスーダン難民がチャドで暮らしていると見ている。イスラム過激派ボコ・ハラムとISISが国内で存在感を持っている。




8位 ウクライナ

 

ロシアの支援を受けた分離派とウクライナ軍の衝突が激化して以来、南東部および東部はかなり治安が悪く、市民すら犠牲になることがある。特にクリミア、ドネツィク、ルハーンシクはこうした傾向にある。

 

7位 フィリピン

フィリピンと言うと南国でビーチやリゾートのイメージがあるのであんまりイメージはないですが紛争地域です。

外務省の海外安全情報のフィリピン南部のミンダナオ島の安全性は中東のイラク北部とほぼ同じです。渡航中止勧告が出ています。

アメリカは、フィリピンでISIS、ジェマ・イスラミア、新人民軍、アブ・サヤフの4つのテロ組織を認定している。
CIAによると、50万人近くのフィリピン国民が住む場所を失っている。

 

6位 イエメン

 

イエメン内戦 イランの後押しを受けるイスラム教シーア派の武装組織フーシと、同教スンニ派が主導するサウジアラビアが中心のアラブ連合軍が支える暫定政権の部隊が対立する構図。

食料不足が悪化する中、国民の半数以上が貧困に苦しんでいる。




5位 ソマリア

商船を襲う海賊が多い地域として有名です。海路で襲う海賊の存在。
外務省が発表している危険度はレベル4は退避勧告となっています。

国の中は飢餓に陥るほど貧困が蔓延していますので、お金を持った観光客は悪い人達の標的になってしまいます。

 

4位 コンゴ民主共和国

深刻な人道危機に直面しているコンゴ民主共和国。
ユニセフ=国連児童基金は40万人の子どもが深刻な栄養失調で命の危険にさらされていると発表しました。

コンゴ民主共和国では紛争や武装勢力の影響によって、昨年だけでも170万人が避難民となっている。

 

コンゴ紛争では、深刻な数の「女性に対する性的暴力の被害」が報告されている。国連人口基金によれば「1998年以降、推定20万人の女性と少女が性的暴力の被害を受けた」と言われる。

対象となるのは成人女性だけでなく、中には、4歳の女の子までもがレイプの被害に遭っている。

 

3位 アフリカのナイジェリア

ナイジェリアではイスラム国とボコ・ハラムの2つの過激派グループが活発だ。特にナイジェリア北部で誘拐や襲撃が頻発する。またレストラン、学校、教会、ホテルといった人が集まる場所も標的になりやすい。

ナイジェリアでは、ボコ・ハラムとISISが存在感が持ち続けている。石油資源があるにもかかわらず、人口の3分の2近くが極度の貧困状態にある。

 

2位 南米のベネズエラ

ベネズエラの治安は世界でもトップレベルに悪いと言われています。
メキシコ人も恐れる南米の殺人大国が危険すぎる

 

ベネズエラは、失業と人身売買に苦しみ続けている。テロ組織、民族解放軍(ELN)の拠点にもなっている。反米国家、産油国であるが施設老朽化で原油生産大幅落ち込み、スーパーインフレ国。

 

1位 エルサルバドル

世界で最も「女」が殺されている国

 

殺害と報復 ギャング「マラス」に揺れるエルサルバドル

世界で一番危険な地域と言われています。

中米エルサルバドルでは、2017年だけで4000件近い殺人事件が起きた。当局は、大半の犯罪はマラ・サルバトルチャ(MS-13)やバリオ18といったギャングによる暴力の結果だと言う。

 

ギャング達は仲間を見分けるため、服装や靴などがグループごとに決まっているので、全くギャングに関係なくても、ギャングが指定している服装や靴を履いているだけで、敵ギャングに殺されたり、警察に捕まったりすることが大きな社会問題となっています。





 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)