有吉弘行と夏目三久との熱愛に関する報道の真相!!

エンタメ
Facebook にシェア
Pocket

有吉弘行と夏目三久との熱愛報道に有吉の母が口を開いた!

[ad#co-1]

スタジオ前に集った週刊誌各社の張り込み部隊が“渦中の男”を待っている──。8月29日深夜0時、有吉弘行(42才)は、東京・赤坂のテレビ朝日アーク放送センターで、『マツコ&有吉の怒り新党』の収録に臨んでいた。

.N0019779_l

 固唾を呑んで出入り口を凝視する報道陣。同1時半、ようやく有吉が出てくる。「来たッ!」。記者が駆け寄ろうとした矢先、有吉は出入り口の真横に付けた自家用のベンツに乗り込み、猛スピードで発進。向かった先は、自宅の高級マンション。そこは、隣に恋人を住まわせてなお“ボロ”を出さない、鉄壁の要塞だった。




natume1

 8月24日、『日刊スポーツ』の一面に世は騒然となった。《夏目三久アナ(32才)が有吉の子ども妊娠》。2011年4月に放送開始した『怒り新党』での共演をきっかけに親しくなり、交際どころか夏目はすでに妊娠、レギュラー出演中の『あさチャン!』(TBS系)も来年3月までに降板するのだという。

《これを狐につままれたような気分というのか…》。同日夜、有吉はツイッターにこう綴り、双方の事務所も「事実無根」とコメントしたが、同紙は翌日の芸能面でも《有吉と夏目アナ年内結婚へ》と続けた。

 同28日、有吉は『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、「誤報記事を書かれた」と改めて否定。夏目本人は一切この件に言及していない。ワイドショーの芸能デスクが語る。

「有吉さんはすぐに否定しなかったし、夏目さんもだんまり。そのうえ、いまだに相反する情報が飛び交っているため、“真実”が見えなくなってしまった。でも夏目さんが結婚に向けて本気だったのは確か」

 2008年4月、日テレに入社した夏目は、1年目から人気番組『おもいッきりテレビ』に抜擢されるなど、将来のエースアナの地位が約束されていた。しかし、2009年7月、プライベート写真が『FLASH』に流出し、局アナ人生が暗転する。

 2011年1月、失意のまま日テレを退社。フリー転身した夏目を救ったのが、有吉だった。同年4月、新番組としてスタートした『怒り新党』で、有吉は件の騒動に早々に触れた。

「よく言われるのよ、なんで有吉は夏目にあの件を言わないんだって。おれはいじってるんだけど、テレビ的に使えないんだよ。でもさ、一度禊をしないと」

 そう断りを入れた上で、夏目の騒動を振り返り、スパッと締めた。

「はい、われわれはもういじりません。今後、これ以上言ってくるやつはダサいって」――夏目を苦しめる最大のトラウマにテレビで初めて言及し、かつ擁護した唯一の男だった。

「ありがとうございます。なんかストンと落ちました」。笑顔で返す夏目の目には、涙が浮かんでいた。以降、夏目を取り巻く空気は大きく変わり、バラエティーから報道と、レギュラーを増やしていった。

「有吉さんの言葉が文字通り“禊”となったんです。2年間の呪縛が解かれた瞬間というか。あの日以来、夏目さんは彼を頼れる男として意識するようになったんだと思います」(別のテレビ関係者)

 有吉もまた、猿岩石ブームの終焉後、毒舌キャラとしての再ブレークまでには7年以上の不遇の時代を過ごしている。だからこそ、過去のイメージに悩む夏目を放ってはおけなかったのかもしれない。

「有吉さんは“誕生日プレゼントは絶対に受け取らない”と公言している人ですが、いつしか夏目さんのものだけは受け取るようになった。超高級牛肉をプレゼントされたこともあったと番組で明かしています」(テレビ関係者)

 同番組で、「夢に出てきた人が急に気になり始める」というテーマを扱った際、夏目はこんな告白をしている。




「有吉さんが夢に出てきます。同じ部屋でご飯食べてたりします」

 恩義から愛情へ──夏目の中で膨らむ有吉への想い。

「有吉さんもまた、元来の女子アナ好き。加えて彼は、スタイルがよく背の高い女性がタイプだと公言しており、夏目さんはドンピシャ。関係が深まるのは自然なことでした」(芸能関係者)

『怒り新党』の開始当初、夏目と有吉はそれぞれ都心の離れた場所で暮らしていたが、2014年3月、有吉は夏目の自宅にほど近い家賃70万円の超高級マンションに引っ越している。この時点で徒歩10分の“ご近所さん”状態だったが、翌2015年、驚きの展開が待っていた。

 

「今度は夏目さんが追いかけるように有吉さんの隣マンションに引っ越したんです。この頃には正式な交際に発展していたようです。引っ越し先も有吉さんと相談して決めたそうです」(前出・芸能関係者)

 女性セブンは昨年末、有吉と夏目の交際情報をキャッチ。その頃から2人の目撃談もまったく聞かれなくなった。

「お互いのマンションは敷地も隣接しており、ほとんど公道に出ずに行き来できる。バレるわけがないんです」(別の芸能関係者)

 極秘裏に進行していた“お隣愛”。夏目は今年3月に『怒り新党』を降板したが、降板理由も「ふたりの交際に周囲が気づき始めたから」という声が上がっていた。

 しかし、結婚に前向きになっていく夏目に対し、有吉は逃げ腰になっていったという。最大のネックは、有吉のキャラ。卑屈で毒舌。再ブレークの要因を作ったこの芸風は、彼が地獄を見たが故に許され、成り立ってきた。

「有吉さんが超人気アナと結婚なんてことになったら話が変わってしまう。毒舌は、単に成功者による“上から目線の見下し発言”になる。彼はどん底の生活に舞い戻ることを恐れています。毒舌キャラとして今後も芸能界を生き抜くためには、自身の幸福が邪魔になるという悲しい宿命なのです」(前出・別の芸能関係者)

 事実、今回の熱愛報道直後、ネット上には祝福の声以上に、有吉を揶揄する書き込みが溢れていた。

《夏目と結婚したら、もう他人をいじれないね》
《有吉にこういうニュースはいらないな》

「彼の否定コメントには、夏目さんもショックでしょうね。結婚できないなら諦める…という話も聞きました。今、続行か破局かの渦中なんだと思います」(夏目を知る芸能関係者)

 8月下旬のある昼下がり、広島県の有吉の実家を訪れると、母親が取材に応じた。




「息子の恋愛はなんも聞いたことがないんです。8月頭の父親の七回忌に、“あんた誰かいい人いないのか”って聞いたけど、“いない”って。ただねぇ、夏目さんは全然息子に向かないと思いますよ。いいとこのお嬢様でいらっしゃるでしょうし、雰囲気はいいけど、おつきあいするのが大変だと思います。向こうのお家のかたとか、つきあいにくいかもしれないし。ざっくばらんな、そこら辺の人でいいんですよ。普通の人で」

 有吉にそっくりな目で、息子の将来を案じていた。

※女性セブン2016年9月15日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)