岡田有希子さん自殺の新事実明らかに!新事実と真相

Facebook にシェア
Pocket

1986年に自殺した岡田有希子さんの新たな事実が明らかに

TBS「爆報!THEフライデー」


2日に放送されるTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)の2時間スペシャルで、死の直前まで岡田さんと一緒にいた事務所の元専務がその一部始終を告白する。

謎の多い事件。事務所に保管されていたはずの岡田さんのグッズや資料が“謎の外国人”に持ち去られていたことも判明。

岡田有希子さんは、当時18歳という若さで自殺してしまいました。

その謎の多い自殺には、様々な憶測が囁かれましたが、新事実や真相が明らかに!

 

 

岡田有希子とマネージャーの真相に
新事実があるとされていますが、
まず最初に岡田有希子のプロフィールを・・・

岡田有希子は1967年8月22日生
本名は、佐藤佳代(さとうかよ)。愛称は「ユッコ」

愛知県一宮市生まれで名古屋市育。アイドル歌手・女優。

1984年12月31日、「第26回日本レコード大賞」の最優秀新人賞を受賞した岡田有希子さん

1986年4月8日に18歳という若さでビルから飛び降り自ら命を絶ってしまいました。




岡田有希子が亡くなっているので謎が多くて自殺の原因が分かりませんでした。
「永久にわからない」
「躁鬱が酷かった」
「悩みも自分で背負いこむ性格だった」
「峰岸徹への恋愛感情と破局」他にも多くのタレント俳優の名前があがって来ましたが憶測されています。

 

岡田有希子さん数字の4にまつわる不思議なこと。





岡田有希子の運命は、数字の4に操られているという。
デビューが(4月)、自殺したのも(84年4月)、
付き合っていた恋人も(42才)で、
プロダクションの寮から(4月4日)に引っ越し、
新しいマンションが(402号)だったのだ。

しかも、飛び降りる前日に見た映画が(ロッキー4の試写会)、
死亡した現場の住所が(四ッ谷4丁目)。(サンミュージックは四谷4丁目に現在もある)

そして自殺したのは引っ越してから(4日後)の(4月8日)で、

遺体は四谷警察署が回収した。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)