山口組分裂騒動!シマとシノギ争奪戦”2兆円をめぐる抗争勃発”

Facebook にシェア
Pocket

 山口組分裂抗争これからはシマとシノギ奪い合い!

国内最大の指定暴力団山口組(神戸市)が分裂した。
神戸市灘区の総本部で1日、直系組長による定例会が開かれたが、山健組(同)など13団体の直系組長らは出席せず、
分裂が確定した。一時は「2兆円もの収入を得ていた」(警察の公安関係者の話)ともいわれる巨大な暴力組織。

山口組 分裂前の組織図





亀裂が入った原因の1つには、山口組が直系組長から毎月徴収する高額な「上納金」などカネの問題が指摘されている。
今後、シノギ(資金獲得活動)とシマ(縄張り)をめぐる攻防は避けられないとみられ、熾烈な争いが繰り広げられそう。

 

ヤクザの裏社会を支配する最大勢力の分裂劇。

今月1日、神戸市灘区篠原本町の山口組総本部で開かれた定例会。こ
の場に、組からの離脱が取り沙汰される山健組や宅見組など13団体の直系組長が欠席した。

直系組長であれば何をおいてもはせ参じるべき「寄り合い」の場に姿を見せないことは、
篠田建市「大分県・大分市出身」(通称・司忍)組長(73)の出身母体である弘道会(名古屋市)を
中心とした6代目山口組体制からの離反を意味する。

名古屋市中村区宿跡町に本拠を置く弘道会

弘道会は、警察の手を逃れる為に暴対法の制約を受けない周辺者と巧みに連携してさまざまな業界に手を伸ばした。

飲食店以外にビジネスホテルや風俗店、学習塾の経営に関与するなどして利益を得ている。
リターンが大きい債権回収や地上げなど従来の『太く短い』シノギに加え、『細く長い』シノギを確保している。
いまだに豊富な資金力を備えているとみていい。

 

山口組から分裂した組(絶縁状・破門)は山口組からの切り崩し工作が激しく山口組に
復帰しない組(絶縁状)に対しては血みぞろの抗争が始まる。

分裂前の山口組の任侠





混乱の中に希望がある!

山口組三代目 [DVD]

ヤクザ大辞典 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)