尖閣諸島が中国に占領される日!中国が尖閣諸島占領する次のステップは中国漁船団の常駐化!

報道 政治・経済
Facebook にシェア
Pocket

[ad#co-1]

尖閣諸島中国に占領準備にエスカレート

接続水域に中国公船6隻と中国漁船約230隻漁船の一部が接続水域内に入っている

 

外務省は6日午前、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に中国海警局の公船6隻が侵入したと発表した。
その周辺で中国漁船約230隻も確認した。

接続水域への侵入が確認されたのは午前8時過ぎ。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が
東京の中国大使館の公使に対し、公船を接続水域から出し、領海に侵入しないよう要求。

「現場の緊張をさらに高める一方的な情勢のエスカレーションで、決して受け入れられない」
と強く抗議した。北京でも日本大使館が中国外務省に抗議を申し入れたが
中国側は尖閣諸島の領海侵入を繰返し漁船を常駐化させる作戦のようです。

尖閣諸島に中国漁船団の常駐化

 

中国漁船を尖閣諸島に常駐化

尖閣諸島に中国軍艦がやってくる。

20160107-05431927

「これまでとは全く意味が異なる。中国海警局の公船だと海上保安庁が対応できるが、
軍艦が出て来たら、海上保安庁の巡視船は近寄ることもできない。
軍艦は武力を持った国家がそのまま動いているのと同じだ。

これに対し、巡視船はパトカーに相当する。パトカーの警官が泥棒を撃つことはあるだろうが、
軍艦を撃てば戦争だ。軍艦と軍艦がやりとりすることは、国家と国家の外交になる。

軍艦とコーストガードの船は、国際的にはそれくらい意味が違ってくる。いずれにせよ、
軍艦を出したことは、中国側が完全にステージを上げたということだ」
漁船を尖閣諸島周辺に常駐化させ

frn1603301259007-p1

47094b84

元海将・伊藤俊幸氏「中国の狙いは尖閣接続水域航行の常態化だ。
次に軍艦が領海侵犯し、知らぬうちに尖閣が占拠される」

米国ランド研究所のシラパク氏
「中国は日中戦争に5日で勝利し尖閣諸島を奪取する」

 

シラパク氏は、「仮に米国が中国のミサイル基地を攻撃すれば、嘉手納基地などが弾道ミサイルで
破壊され数千人の死者が出る」とし、米国にとって「尖閣諸島における最善の危機管理の
手段は(米国が)“無視”することだ」と結論付けた。

img_10_m

 このシミュレーションはシラパク氏独自の分析で疑問符がつく部分もあるが、イギリスの有力軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』は中国がイージス艦を増やしたことで「中国が日本の海軍力を上回る」と分析しており、確かにアジアの軍事バランスは変化してきている。

 

 シラパク氏の5日間シミュレーションは在日米軍の存在が前提となっている。
だが、仮に在日米軍がいなくなれば、もっと悲惨な状況に陥るだろう。

中国はマスコミが尖閣諸島問題を報道しなくなるのを狙っている

「危惧されるのは、今後、中国軍艦の尖閣諸島の接続水域航行が常態化することだ。
そうなれば、メディアもいちいち報道しなくなるだろう。すると、その次には軍艦による領海侵犯が起き、
知らないうちに尖閣諸島が占拠されるという事態になりかねない」

 

櫻井よしこ氏が中国軍艦領海侵入で取るべき対応提案

20140401sp_58ex05

尖閣諸島の領有権を主張してきた中国が、いよいよ軍艦まで使って日本の海に触手を伸ばし始めた。
相次いで領海や接続水域に船を入れてくる中国に対し、日本はどう対処すべきか。
ジャーナリストの櫻井よしこ氏が解説する。

 
 6月15日未明、中国海軍の情報収集艦が鹿児島県の口永良部島近くの日本領海に侵入しました。
続いて16日午後には同じ中国の情報収集艦が沖縄県の北大東島の接続水域に入りました。
それより約1週間前の9日には中国海軍の軍艦が尖閣諸島の接続水域に侵入しています。
外務省が抗議しても、中国の軍艦の動きは止む気配がありません。

 

 中国のやり方を思い出してみましょう。中国はまず領有権を主張します。次に漁船を入れ、
続いて公船を侵入させます。それを常態化させ、最後に軍艦を入れて島を奪ってしまうのです。

日本の領海や接続水域に堂々と軍艦を入れてきた。
南シナ海で東南アジア諸国の島を奪い続けている中国が、東シナ海でも
次なる一歩を踏み出したと言えます。

 

 安倍政権以前の日本政府は、中国を「刺激する」という理由で、国家として当然すべきことをしてきませんでした。中国は、こちらが配慮すれば相手も慮ってくれるという幻想が通用する国ではありません。

日本の国防を考えて、軍事力の行使も含めて国際常識とされる権限を、自らを律しながらもきちんと行使すべきです。国際的なスタンダードにのっとった行動ができるよう、自衛隊に関する法規の早急な解決が必要です。

 

 中国の暴走を止めるために、いま日本は尖閣諸島の周辺に海上自衛隊の艦船を2隻配備しています。

 

 中国は海警局の公船が毎月3回ほど、我が国の接続水域と領海を侵犯し続けています。
公船の後方、北には中国海軍の軍艦が常駐しています。以前は尖閣諸島への距離は約120kmでした。

それが2014年の冬頃からずっと南下して尖閣諸島から約70kmのところまで近づいています。
我が国の自衛隊の船は中国海軍の艦船と尖閣諸島の間に常駐して彼らが日本の海を侵犯しないように
監視活動を続けているわけです。
この監視と抑止の構えをしっかり維持し、強化することが大事です。

 

 中国はまた、日本との合意を無視して東シナ海で着々とガス田開発と称して16ものプラットホーム
を完成済みです。
それらはいつでも軍事転用が可能です。東シナ海は南シナ海と同じ事態に陥る危険性があります。
この「新しい現実」、それがもたらす危機の深刻さを日本人はしっかりと認識すべきだと思います。

 

 これまでは中国を刺激するという理由で避けてきたことも、今後は実行しなければならないでしょう。

※SAPIO2016年8月号。転載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)