小池百合子知事に五輪組織委の森元首相が就任挨拶

報道 政治・経済
Facebook にシェア
Pocket

小池百合子知事 五輪組織委の森会長と連携を確認

 

東京都の小池百合子知事は9日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と都内で会談した。大会の成功に向けて関係機関が連携することを確認したほか、増大する大会費用を見直す方針でも一致した。

 

 会談は小池氏側が要望し、約45分間行われた。会談後、小池氏は記者団に「もともとはコンパクトが大会のキーワード。費用の縮減に向けて協力していただきたいと話したところ、(森氏から)理解しているとの発言があった」と話した。森氏は「小池氏とは意見が合うことばかりだった。一緒に協力して、大会を成功させようという認識で一致した」と語った。

 

 冒頭、森氏が「こうやって会うのは何十年ぶりかな」と話しかけ、小池氏が「私、そんなに生きていませんよ」と応じる一幕もあった。終盤には知事選中に小池氏を批判した丸川珠代五輪相も合流。丸川氏は「知事とはあいさつをしただけ。『頑張って』と言われたので『よろしくお願いします』と申し上げた」と話し、小池氏との面会を今後調整するという。

 

 東京大会の費用は招致段階の想定から大幅に膨らむ見通しだ。小池氏は2日の知事就任の記者会見で、調査チームを設けて大会費用の妥当性を検討する方針を明らかにしている。
出典:日本経済新聞

 

小池百合子知事の関連記事

森喜朗元首相「丸川珠代五輪相も小池百合子知事も“森商事”の社員

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が9日、東京都知事選の遺恨に伴う亀裂も懸念される丸川珠代五輪相と小池百合子知事の間をとりなす一幕があった。

 

 小池氏はこの日、知事就任後初めて東京・虎ノ門の組織委員会に森氏を訪ね、大会の運営コストの削減策などについて意見交換した。会談の終了間際、丸川氏も森氏へのあいさつに来たため、短時間ながらも3氏が同席することになった。

 

 会談後、森氏は記者団に「私が政治家であったとき、お二人とも“森商事”の社員さんだった方です。分かりやすく言うとね。何も初対面じゃないんですから、話し合えばすぐ分かるということですね」と語り、「しっかり五輪を成功させましょうという認識で一致した」と円満さをアピールした。

 

 丸川氏は森派の流れをくむ細田派に所属し、小池氏も自民党の国会議員時代に森派に所属していた

出典:産経ニュース

丸川珠代五輪相のコメント

marukawatamayo

丸川珠代さんがオリンピック担当大臣に就任しました。
都知事選では自民党推薦の増田寛也さんを支持&応援していました。

ライバルの小池百合子さんを批判する場面も・・・。

その結果、東京都知事には小池百合子さんが就任しています。

2020年に開催される東京オリンピックに向けて

東京大会成功のために私ができることは何でもやりたいとコメントしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)