中国の空軍戦闘力!自衛隊機に挑発的異常接近!航空自衛隊の戦闘能力!

World
Facebook にシェア
Pocket

[ad#co-1]

日本の防空に危機!日本の中国の空軍力の脅威!

中国による威嚇!自衛隊機に挑発的異常接近!




20140526-00000033-wordleaf-121603f3b0de71a303f53495f6ef87a00

中国の先進的、戦闘機は?

解放軍海軍航空兵は1321機の戦闘機 攻撃機、700機の攻撃ヘリこれらの軍機の大半は時代遅れとなっている。
先進的攻撃機はロシアが開発したSu-27と国産多機能戦闘機のJ-10の改良版。

中国空軍の戦闘機!ロシアが開発したSu-27攻撃機

 

乗員: パイロット1名
全長: 21.94 m
全幅: 14.70 m
全高: 5.93 m
翼面積: 62.0 m2

Su-27はF-15と並ぶ第4世代最強の戦闘機この戦闘機を中国は配備!

Su-27は兵器搭載量も優れており、ミサイルは最大で10発が搭載可能(その場合、中距離空対空ミサイル
であるR-27もしくはR-77を6発、赤外線誘導である短距離空対空ミサイルR-73を4発搭載するのが標準)
で、また、航続距離も長大で、機内燃料のみで4000kmの飛行が可能なため、追加燃料タンクを必要としません

79b880e4

Su27

国産多機能戦闘機のJ-10の改良版、戦闘機!

e236d1e73b505809

06cfaea403da63b2

945d590f8af82170




J-10A性能緒元

重量 9,750kg(空虚重量)、18,600kg(最大離陸重量)
全長 16.43m
全幅 9.75m
全高 5.43m
エンジン Lyulka-Saturn AL-31F A/B 122.6kN ×1(生産型の途中からAL-31FNに変更)
最大速度 M1.85-2.2(諸説あり)、低空M1.1
戦闘行動半径 463-550km
フェリー航続距離 1,800km
上昇限度 18,000m
機内燃料搭載量 4,500kg
武装 23mm連装機関砲×1
R-77アクティブ・レーダー誘導空対空ミサイル(AA-12 Adder)
PL-12アクティブ・レーダー誘導空対空ミサイル(霹靂12/SD-10)
PL-11セミアクティブ・レーダー誘導空対空ミサイル(霹靂11/FD-60)
R-73赤外線誘導空対空ミサイル(AA-11 Archer)
PL-8赤外線誘導空対空ミサイル(霹靂8/パイソン3)
PL-9空対空ミサイル(霹靂9)
Kh-31A空対艦ミサイル(AS-17クリプトン)
YJ-91高速対レーダーミサイル(鷹撃91/Kh-31P/AS-17C Krypton)
C-801対艦ミサイル(YJ-8K/CSS-N-4 Sardine)
LT-2レーザー誘導爆弾(雷霆2型)
LS-6滑空誘導爆弾(雷石6)
FT-1/3誘導爆弾(飛騰1型/3型)
各種爆弾/ロケット弾ポッドなど約4.5t
乗員 1名(J-10A)/2名(J-10S)

日本航空自衛隊の戦闘能力

300機余りの多機能戦闘機で日本周辺を守っています。
日本のパイロットは質の高い訓練を受け志気も高く日本を守る意識が強い。

F15戦闘機

136307296308313116393_f15

o0448033613329987621

スペック

製造 マクドネル・ダグラス
全長 19.43m
全幅 13.05m
全高 5.63m
自重 12973kg
最大離陸自重 30845kg
エンジン P&W F100-PW-220
最大速度 マッハ2.5
実用上昇限界 19500m
最大兵装搭載量 10710kg

 

F2戦闘機

F-2

日米の先進の技術を結集して生まれました

F-2は、米国のF-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し
日米共同で改造開発した戦闘機です。昭和63年にFS-Xとして開発に着手し、平成7年に初飛行、
12年度に開発は完了しました。F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、
軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、
さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しています。

主要諸元

主要スペック
分類 戦闘機
乗員 1~2(教育訓練用)人
全幅 11.1m
全長 15.5m
全高 5.0m
エンジン
搭載数 1基
名称 F110-GE-129(ゼネラル・エレクトリック社)
推力 13.4t(地上静止時)
型式 ターボファン・エンジン
最大離陸重量 約22t
性 能
最大速度 マッハ約2.0
武装 20mm機関砲、空対艦ミサイル、空対空赤外線ミサイル、空対空レーダーミサイル

F4戦闘機

デビューから今年で45年目で最新戦闘機には対抗できない!?
パイロットの操縦テクニックだけでは限界が・・・・・・

F-4EJ(改)

防空能力の向上・近代化を担って進化した戦闘機です

F-4EJは、米空軍のF-4Eを改造した戦闘機で、日本での運用には不必要な装備を取り除き、
データ・リンクを載せて要撃戦闘機タイプにしたものです。

昭和56年度に生産は完了、その後、航空自衛隊の防空能力の向上・近代化の一環として、
F-4EJの改修に着手しました。(F-4EJ(改))。そして、56年度から6年間、試改修・実用試験を行い、
量産改修されました。 改修の主な内容は、レーダー、FCS(火器管制)システムの近代化、
航法、通信能力の向上、搭載ミサイルの近代化、爆撃機能の向上などです。



主要諸元

主要スペック
分類 戦闘機
乗員 2人(縦列複座=タンデム型)
全幅 11.7m
全長 19.2m
全高 5.0m
エンジン
搭載数 2基
名称 J79-GE-17
J79-IHI-17
推力 8,120kg(A/B使用)/1基
型式 アフターバーナー付ターボジェット・エンジン
性 能
離陸重量 約26t
最大速度 マッハ約2.2
航続距離 約1,600nm(約2,900km)
武装 M-61A1 20mm機関砲×1門
空対空レーダーミサイル×4発
空対空赤外線ミサイル×4発

※航空自衛隊より転載

航空自衛隊機 F-15Jが現役で戦える理由

航空自衛隊いちばんの主力要撃戦闘機を知っていますか? それが「F-15Jイーグル」です。

日本の空を守るべく全国各地に配備されているF-15Jイーグルですが、その数は約200機にもおよび、

もう1種類の主力戦闘機F-2の2倍以上になります。双発の強力なエンジンを備えるF-15は制空戦闘機
として世界でもトップクラスの実力を誇り、これまで空中戦によって撃墜されたことは1度もありません。

F-15Jイーグルは導入開始から30年あまり。かなりの年月を経ているように思われるかもしれませんが、
もともと備わっている優れた飛行性能や運動性は、今でも見劣りすることはありません。

とはいえ、センサーや情報通信などの電子機器関連は、さすがに旧世代のものです。そこで航空自衛隊は現在、
F-15のレーダーやミッション・コンピューターなどを更新して、新しい兵器システムを導入するとともに、
統合電子戦措置(IEWS)や戦闘機用データリンク装置などを装備する「近代化改修」を進めています。

航空自衛隊は、複座型「F-15DJ」も含めてこれまでに213機のF-15を導入しましたが、ほぼ半数が
こうした近代化改修を受ける予定です。

これにより日本の新しい防空組織である「ジャッジ・システム」に完全に適合し、新世代の航空脅威にも
対処し続けられる能力を獲得します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)