ウエイトの重い白人ストリートファイター対ムエタイ選手 素手で対決・・・結果は

動画
Facebook にシェア
Pocket

ストリートファイター対ムエタイ選手

ムエタイ選手が屋外のリングでウエイト無関係で白人のストリートファイターとガチンコ対決!
ムエタイ選手はボクシンググローブで手を守って試合をする。
拳を傷める可能性があるのに素手で試合。




ムエタイ選手は素人と違い動体視力が優れディフェンスも優れています。
白人特有の優越感は・・・・・・

空手対ムエタイが戦ったら・・・日本の武術家が戦ったら・・・

異論はあると思うのですが私見です。

そもそもムエタイ選手と空手が異種格闘技として戦う場合、リングの上なのかグローブをつけているのか?
ルールに従って試合をするのか?ルール無関係で戦うのかによって状況はガラリと変わります。

 

空手(素手で戦う人を含む)対ムエタイ選手またはボクシング選手が戦う場合、グローブで戦うほうが
グローブで身体全体を守る事ができるのでディフェンスが容易にできます。
グローブを取って素手で戦う場合、ディフェンスの仕方がまったく違ってきます。

 

わかりやすく説明すればスポーツなのかルール無用の戦いなのかによって勝負の結果は違ってきます。

 

話が少しずれますが個々のレベルによって違いますが昔から伝わる日本の武術に従った
戦いであればウエートに関係なく多分、日本の武術家に勝敗が上がるでしょう。

何故なら、1つの例ですが武術の中に「霞をかける」という言葉があります。
相手の目を一時的にでも無力化する方法です。ここでは説明を割愛します。

武術に関して今後ブログにUPしていきたいと思います。

 

 

ムエタイ関連動画

 

ムエタイKOシーン

ムエタイ最強王者ブアカーオの極秘トレーニング集

 

極真空手対ムエタイ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)